開催にあたって

2016年秋、新しく日本最大級のトラック関連総合展示会として
「ジャパントラックショー2016」が始動します。

「ジャパントラックショー2016」では、最新のトラック、架装、トレーラ、特装車、特種車、作業車、部品・用品、車載機器等のメーカーなど約120社の出展と、トラックユーザーやドライバー、物流企業など約5万人の来場者を見込んでおります。

2016年は、トラックが新型車に切り替わる時期で、来場者の注目を集める最新鋭トラックが勢揃いする予定です。 また、翌2017年に施行される新免許制度向け、18歳以上で7.5t未満のトラックが運転できる新免許区分「準中型車」のほか、車両全長21mのフルトレーラ、18mのセミトレーラなど新基準トレーラなども大きな見どころとなります。

我々ジャパントラックショー事務局では、近未来を見据えたインタラクティブかつ効率的に情報を入手できるショーの実現を目指すとともに、ジャパントラックショーを通じて業界の喫緊課題であるドライバー不足の問題や、安全な社会の実現などを目的とした社会貢献活動にも取り組んでいきたいと考えております。

また、ジャパントラックショーの構想段階より、出展対象のメーカー様や来場対象のユーザー様に「ジャパントラックショー実行委員会」にご参加いただき、業界が一つとなる“オープンでクリーン”なショーの開催のため、企画立案にお力添えをいただいております。

物流企業様向けコンサルティングやセミナーを運営する国際物流総合研究所の強みを生かし、物流企業の経営者様を始め、バイヤー、トラックドライバーの皆様など物流業界に従事する方々の積極的な来場者誘致に努める所存です。

トラックに関するBtoBトレードショーとして、関連企業様におかれましては商品PR、商談機会にご活用いただければ幸いです。