開催概要

名   称 ジャパントラックショー2022
会   期 2022年5月12日(木)、5月13日(金)、5月14日(土)
10:00~18:00/最終日は17:00にて終了
会   場 パシフィコ横浜 展示ホールA・B・C・D、屋外ピロティ
主   催 一般社団法人 国際物流総合研究所
後   援 国土交通省、公益社団法人 全日本トラック協会、一般社団法人 東京都トラック協会、一般社団法人 神奈川県トラック協会、一般社団法人 埼玉県トラック協会、
一般社団法人 近畿トラック協会、一般社団法人日本3PL協会(2020年開催時実績)
企   画 ジャパントラックショー2022実行委員会
展示規模 150社550小間(予定)
展示面積 約24,000㎡
来 場 者 60,000人(見込み)
展 示 物 大型、中型、小型、軽などの各種トラック・トレーラ、特装車、特種車、作業車などの商用車、関連機器、部品・用品、物流機器、通信機器、関連ソフト・図書、整備機器・中古車など
来場対象者 トラックユーザー、ドライバー、物流企業、荷主、トラック・架装メーカー、部品・用品関連メーカー、自動車関連メーカー、プレス、一般来場者など
名   称
ジャパントラックショー2020
会   期
2020年5月28日(木)、5月29日(金)、5月30日(土)
10:00~18:00/最終日は17:00にて終了
会   場
パシフィコ横浜 展示ホールA・B・C・D、屋外ピロティ
主   催
一般社団法人 国際物流総合研究所
後   援
国土交通省、公益社団法人 全日本トラック協会、一般社団法人 東京都トラック協会、一般社団法人 神奈川県トラック協会、横浜市、FMヨコハマ(2018年実績)
企   画
ジャパントラックショー2020実行委員会
展示規模
150社450小間(予定)
展示面積
約24,000㎡(予定)
来 場 者
55,000人(見込み)
展 示 物
大型、中型、小型、軽などの各種トラック・トレーラ、特装車、特種車、作業車などの商用車、関連機器、部品・用品、物流機器、通信機器、関連ソフト・図書、整備機器・中古車など
来場対象者
トラックユーザー、ドライバー、物流企業、荷主、トラック・架装メーカー、部品・用品関連メーカー、自動車関連メーカー、プレス、一般来場者など

代表挨拶

ジャパントラックショーは、トラック輸送に関する製品のビジネスショーを、より国際的、近未来的に展開させ、2016年にスタートした日本最大のトラック関連総合展示会です。
2018年展示会では、車両、架装をはじめ、部品・用品、周辺機器、ソフトウェアなど129社434小間のトラック関連メーカー様にご出展いただき、最新鋭の車両や架装、日本初の技術や日本初上陸の製品などが一堂に会する展示会となりました。 また、物流・運送、荷主企業様など50,000名を超える多くのご来場者様をお迎えして盛況のうちに閉幕いたしました。これもひとえに、関係者皆様のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
第3回となった2020年の展示会は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、やむを得ず開催を中止いたしました。皆様のご期待に添えることができず、お詫び申し上げるとともに、被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。
次回は、2022年5月の開催を予定しております。引き続きパシフィコ横浜を会場として、感染症対策を万全に行ったうえで、日本最大のトラックショーとして、国内外のメーカーをはじめ、物流・輸送に関する最新技術や情報が一挙に集結する活発な展示会の開催を目指しております。ぜひ販路開拓の一助として、当展示会をご活用いただければ幸いです。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
一般社団法人国際物流総合研究所
会長 南 元一