来場のご案内ATTENDANCE

来場のご案内

当展示会の特徴

いま未来を載せて走り出す
物流事業者、荷主、ドライバーのための 日本最大のトラック関連展示会
ジャパントラックショーは、1984年から開催された東京トラックショーのビジネスショーとしての役割を継承しながら、より国際的、近未来的に展開させ、日本最大のトラック関連総合展示会として、2016年にスタートしました。 国内トラックメーカーの環境・安全技術を搭載した最新鋭の車両をはじめ、架装メーカー、運送会社による高い施術を誇る多種多様なトラック、トレーラが一堂に会します。 また部品、用品、カメラ、センサーなどの終戦機器の各社も多数出展。 来場者様にとって、最新情報を効率的に収集する絶好の機会です。 大型トラックの運転席への試乗などの他、5/12(土)はお子様向けイベントも企画中! 一般の方もお楽しみいただける内容となっております。

入場方法

  • WEBから事前来場登録(入場無料)を行う
    当日に、来場事前登録の登録完了メールを印刷した用紙と名刺1枚を展示会の受付までご持参ください。
  • 当日受付で入場登録
    当日受付にて簡単なアンケートにご記入のうえ、お名刺を2枚(もしくはお名前・お住まいのエリアをご記入)ご持参ください。
  • 『ジャパントラックショーご招待券』を持参
    「ジャパントラックショーご招待券」をお持ちの方は無料にて入場いただけます。 「ご招待券」1枚につき、1名の入場が可能です。 当日は招待券を展示会の受付までご持参ください。※あわせて名刺を2枚ご持参ください。 会場入口の受付にて「ご招待券」と『入場証』と交換してください。

2018年 出展企業一覧

トラックメーカー
いすゞ自動車株式会社 日野自動車株式会社
UDトラックス株式会社 三菱ふそうトラック・バス株式会社
スズキ株式会社 ダイハツ工業株式会社
IVECO S.p.A
架装・レッカー
ICP TRAILER 株式会社あかつき
株式会社いそのボデー 奥野工業株式会社
小平産業株式会社 株式会社信濃車体製作所
株式会社城南ボディサービス セノプロ
株式会社ダイニチカンパニー ダイワ運輸株式会社
株式会社トランテックス ナカオ工業株式会社
パドック (津山ステンレス・メタルクラスター) 株式会社花見台自動車
BETEC フォレストテクニック株式会社
株式会社モビリティプラス 株式会社ヤシカ車体
株式会社ヤマグチレッカー 株式会社矢野特殊自動車
株式会社ヨシノ自動車 株式会社ロードサービス
株式会社石井 ROLFO
部品
株式会社m-flow 花魁JAPAN
桑野工業株式会社 株式会社小糸製作所
三恵工業株式会社 ゼット・エフ・ジャパン株式会社
三鈴工機株式会社 信越電装株式会社
スタンレー電気株式会社 TTSグループ
株式会社ながおテクノ 中野スプリング株式会社
株式会社日建 Hangzhou HolyCore Composite Material Co.,Ltd
株式会社フジテックス ユアサ工機株式会社
横浜車輌工業株式会社 リフレックスアレン・ジャパン株式会社
用品
イサム塗料株式会社 エバスペヒャーミクニクライメット コントロールシステムズ株式会社
金森株式会社 公洋商事株式会社
シーユーピー株式会社 シェル ルブリカンツ ジャパン株式会社
テソロジャパン株式会社 株式会社パーマンコーポレーション
原田産業株式会社 パンドウィットコーポレーション日本支社
ビッグリグカスタム ピーコックエレメント製造株式会社
BBF協同組合株式会社ヤマテ工業 フィガロ技研株式会社
ブリッド株式会社 YURUSOR株式会社
株式会社ヨシオ
整備・アフターサービス
株式会社アルティア 安全自動車株式会社
株式会社イチネンケミカルズ 株式会社イヤサカ
FSX Equipment,inc. 株式会社エムエスジャパンサービス
有限会社小林商会 株式会社サンオータス
株式会社ダイフクプラスモア 株式会社タフコートジャパン
日本油化工業株式会社 株式会社バンザイ
ビューテー株式会社
タイヤ・ホイール
アーコニック・ジャパン株式会社 LDLテクノロジー
株式会社オレンジ・ジャパン 株式会社小林タイヤ商会
新日鐵住金株式会社 株式会社タッチョー
日本ミシュランタイヤ株式会社
カメラ・センサー・デジタコ
株式会社あきば商会 株式会社アルファ・デポ
株式会社INBYTE 株式会社エフ・アール・シー
MBIZONE Co.,Ltd. Orlaco Products BV
ジャパン・トゥエンティワン株式会社 株式会社タイガー
株式会社TCL 株式会社テレコム
株式会社日本ヴューテック 矢崎エナジーシステム株式会社
株式会社ワーテックス 株式会社デンソー
TYM CO.,LTD
ソフトウェア
株式会社ソフトプランナー 株式会社データプラス
株式会社テンツオフィス 株式会社ナビタイムジャパン
ニヤクサービス株式会社
サービス
株式会社アイ・アール・エス JACSS株式会社
津田鋼業株式会社 ディーアイシージャパン株式会社
株式会社ドラEVER 株式会社トラックランド
一般社団法人日本トラックリファインパーツ協会 株式会社ゆう
株式会社リトラス 株式会社リトラス・セラメックス
株式会社ロジテル
教育・その他
三徳商事株式会社 株式会社シーネット
フィリップモリスジャパン合同会社
トラック魂パビリオン
Azur 株式会社交通タイムス社
株式会社ジェットイノウエ 株式会社雅
メディア
トラックマガジンフルロード 株式会社物流ウィークリー
株式会社輸送経済新聞社
主催者特別企画出展
株式会社トランスウェブ

主催者特別企画

各種講演・パネルディスカッション

2018年のジャパントラックショーでは、以下のような特別展・セミナーを行います。 聴講申込みは下のボタンよりおこなってください。
「安心・安全な輸送社会の実現に向けて」 ■A会場(展示ホール内特設会場)
日本経済と国民生活を支えるトラック輸送において、安全管理は最も重要な経営課題のひとつです。 走行、安全性能など様々な面でも急速に進化するトラック輸送。 「ヒト」「モノ」「クルマ」の3つの視点で、多彩な講師陣による基調講演、実践に役立つ物流事業者の実例セミナーなど豊富なコンテンツで業界の現在と未来を展望します。
「物流業界変革へ事業者の成すべき対応とは」 ■B会場(アネックスホール)
激動する物流業界では、いま企業の独自性を高める経営が求められています。 B会場では、業界を牽引する3PL企業や、特徴ある経営戦略で成長を続ける若手経営者などがパネルディスカッションに登壇するほか、食品メーカーによって設立された物流企業による講演など様々な角度からプログラムを展開します。

A会場:展示ホール内特設ステージ

5月10日(木)
いすゞ自動車販売_井口晃一
特別講演 10:30~11:15=終了いたしました=
「安心、安全な輸送社会の実現に向けたいすゞの取り組み」
[講演者]いすゞ自動車販売株式会社 執行役員 営業本部長補佐 井口 晃一 氏 お客様の「安心」稼動を支えるべく、いすゞはいち早く「つながる」時代のトラックのあり方に着手、車両が常に安定して性能が発揮できるようグループの総力を挙げ、これまでにない新たなサービスをつくりあげました。それは車両からのデータを活かした純正整備で故障の芽を摘む ”プレイズム” です。当講演では「安心」稼動を支える”プレイズム”と「安全」に対する考え方や将来技術についてご紹介いたします。
片山一郎様写真
特別講演 11:30~12:15=終了いたしました=
「ドライバーにとって、安心・快適なトラックを目指して」
[講演者] UDトラックス株式会社 国内車両営業本部 商品企画・技術部 ダイレクター 片山 一郎氏 ドライバーの高齢化や事故による経済的・社会的ダメージのリスク軽減のため、輸送業界における安全意識も年々高まってきています。UDトラックスは優れた動力性能・取り回しのよさ・制動力などの基本性能に加え、ドライバーの快適性が安全の土台としてあるべきと考えます。昨年発売開始した新型Quonをベースに安全に対する考え方をご説明いたします。
辰己様写真 松岡様写真
特別講演 13:00~14:00=終了いたしました=
「どん底経営からの大逆転 ―5年でドライバー確保、7台から200台へ増加 その要因とは?―」
[タイアップ講演]株式会社ベストライン 代表取締役社長 辰己 千里 氏 富士運輸株式会社 代表取締役社長 松岡 弘晃 氏 関西で今最も注目されているベストラインの辰巳社長が登壇。チャーターを主軸事業として5支店と自社整備事業部を展開するベストライン。前半では、安全対策に重点をおきながら、5年間で大型トラックを200台導入し事業を拡大できた要因を同社代表が講演いたします。 後半では、第二の同社を目指す方のために、富士運輸(株)の松岡社長がベストラインの成長の秘訣を解説いたします。
橋本様写真
特別講演 14:30~15:15=終了いたしました=
「トラック運送業の働き方改革」
[講演者]国土交通省自動車局貨物課 課長補佐 橋本 恵一郎 氏 トラック運送は、我が国の経済活動・国民生活に欠かすことのできない重要な社会インフラとなっています。しかしながら、トラックドライバーは人手不足で、長時間労働が深刻な状況です。輸送の安全の確保のためにも、労働環境の改善を図っていくことが重要であり、「働き方改革」は喫緊の課題です。当講演は、トラック運送業に関する働き方改革についての政府の取り組みを紹介いたします。
長谷川様写真
特別講演 15:30~16:15=終了いたしました=
「安全性・経済性に直結する先進安全車の各種アライメント整備の重要性について」
[講演者]株式会社バンザイ 営業情報企画部 次長 長谷川 忍 氏 これから普及する先進安全車(大型車)のホイールアライメント調整やボディー修正の重要性を訴求し、安全輸送、燃費改善などに関連する整備内容について、商品開発部を経て、現在、主に車検機、自動車整備業システム、故障診断機などを中心としたシステムの販売サポートを担当する同氏が、豊富なセミナー経験を活かしながら、収益アップの考え方など現場での実例も交えてご紹介します。
ジョルジョ・ジーノ様写真
特別講演 16:30~17:15=終了いたしました=
「天然ガス自動車がもたらす環境とコストメリット」
[講演者]IVECO社 日本担当責任者 ジョルジョ・ジーノ 氏 次世代エネルギーとして「電気」や「水素」が話題になっている昨今ですが、現実問題として大型車両を動かすことが出来るのは「天然ガス」だけです。天然ガスを使ったエンジンは環境にやさしく、コスト削減を可能にします。20年前から専用エンジンを開発してきたイベコ社トップが、ヨーロッパの現状と日本の未来について解説します。
5月11日(金)
蒲池様写真
特別講演 10:30~11:15=終了いたしました=
「トラックの自動運転、隊列走行がもたらす将来とは」
[講演者] MS&ADインターリスク総研株式会社 新領域開発室マネジャー上席コンサルタント 蒲池 康浩氏 自動運転技術の話題は、もはや「実現できるのか」ではなく「いつ実現するのか」にあると言っても過言ではありません。しかし、商用車の場合、乗用車以上に乗り越えなければならない課題があるとも言われています。そこで、多くの運輸事業者の安全管理体制の構築・運営に関わり、現在は自動運転車の実証実験の最前線に立つコンサルタントが、自動運転技術が商用分野にもたらすインパクトや将来について独自の視点から解説します!
田中禎浩様写真
特別講演 11:30~12:15=終了いたしました=
「トラックタイヤの現在、過去、未来~タイヤでできる安全向上と経費削減~」
[講演者] 日本ミシュランタイヤ株式会社 B2Bタイヤ事業部 マーケティング部 マーケティングディレクター 田中 禎浩 氏 トラック用のワイドシングルタイヤ「ミシュランXOne」を販売する同社。シングルタイヤで実現する積載量の確保や、ドライバーの負担軽減による安全面の向上、製品開発秘話をはじめタイヤの側面から考える安全対策と経費削減について講演いたします。
福田様写真
特別講演 13:00~14:00=終了いたしました=
「日本郵便の安全・安心の取組み」
[講演者]日本郵便株式会社 代表取締役副社長 福田 聖輝 氏 日本郵便は「郵便・物流」「金融窓口」「国際物流」事業を扱う会社で、全国2万4千の郵便局ネットワークと40万人の社員、約12万両の車両を保有し、安全を経営の最重要事項として安全対策に取り組んでいます。 また、全国の郵便局を結ぶトラック輸送は、子会社である「日本郵便輸送株式会社」(保有車両台数約2900台)に委託しており、同社と一体となった安全対策に取り組んでいます。当講演では日本郵便副社長が登壇、同社が取り組む安全対策について語ります。
宮田様写真
特別講演 14:30~15:15=終了いたしました=
「良心が響き合う社会を目指して」
[講演者]株式会社宮田運輸 代表取締役 宮田 博文 氏 売上を優先する中で起きてしまった自社トラックでの交通死亡事故。 その反省から、ドライバーがいつも勇気や温かい気持ちをもらう家族や子どもの絵をキャビンに描く活動「こどもミュージアムプロジェクト」を開始。この活動が、いかに事故を減らし、社員が誇りを持つことができるか、1つの事故をきっかけに誕生した当社のストーリーを講演いたします。
吉永様写真
特別講演 15:30~16:15=終了いたしました=
「トラックなど事業用自動車の事故防止対策」
[講演者]国土交通省自動車局安全政策課 課長 吉永 隆博 氏 トラック等の事業用自動車による事故は、減少傾向にはあるものの、依然として多くの事故が発生しており深刻な状況であり、国土交通省では各種事故防止対策に取り組んでいます。本講演では、昨年策定した「事業用自動車総合安全プラン2020」や、運転者の体調急変に伴う事故防止対策等の内容を紹介します。
矢田様写真
特別講演 16:30~17:15=終了いたしました=
「専門紙編集長が斬る!業界ホットトピック」
[講演者]株式会社輸送経済新聞社 常務取締役編集企画部長 矢田 健一郎 氏 トラック運送業を中心に物流の最新動向を発信する専門新聞「輸送経済」編集長が、ホットな業界ネタの裏側に迫ります。荷主取引の適正化、社員の働き方改革、安全・安心な職場づくり…。ズバリと斬れない立場上、なまくら刀でのらりくらりと、どうにもこそばゆい45分。ご容赦ください。

B会場:アネックスホール2F

5月10日(木)
13:30~15:30 第一部=終了いたしました=
砂川様写真
基調講演
「物流業界における人材不足の現状とは」
[講演者]国際物流総合研究所 主席研究員 砂川 玄任 氏

第二部
保坂様写真 新村様写真 松本様写真 中野様写真 高田様写真
パネルディスカッション
「新しい時代のドライバーの働き方と経営戦略」
[パネリスト]株式会社カーレントサービス 代表取締役社長 保坂 高広 氏 有限会社新和通商 代表取締役社長 新村 千成 氏 株式会社豊運輸 代表取締役社長 松本 英孝 氏 株式会社NAO 代表取締役社長 中野 菜穂 氏 [モデレーター]物流ウィークリー 代表取締役社長 高田 直樹 氏
和佐見様写真 山嵜様写真 藤田様写真
パネルディスカッション 16:00~17:30=終了いたしました=
「3PL企業が描く今後の未来」
[パネリスト]株式会社丸和運輸機関 代表取締役社長 和佐見 勝 氏 カンダホールディングス株式会社 常務取締役 山嵜 唯 氏 ロジ・ソリューション株式会社 代表取締役社長  藤田 浩二 氏 [モデレーター]国際物流総合研究所 代表主席研究員 岩崎 仁志 氏 協力:一般社団法人日本3PL協会
5月11日(金)
13:30~15:30 第一部=終了いたしました=
岩崎様写真
基調講演
「物流業界の現状とは」
[講演者]国際物流総合研究所 代表主席研究員 岩崎 仁志 氏

第二部
木村様写真 森本様写真 西岡様写真 辻様写真
パネルディスカッション
「物流企業が今後目指すべき役割とは」
[パネリスト] ダイワ運輸株式会社 代表取締役社長 木村 泰文 氏 東亜物流株式会社 代表取締役社長 森本 勝也 氏 トーヨー・ロジテック株式会社 代表取締役社長 西岡 斉 氏 株式会社マイシン 代表取締役社長 辻 直樹 氏 [モデレーター] 国際物流総合研究所 代表主席研究員 岩崎 仁志 氏
深山様写真
基調講演 16:00~17:30=終了いたしました=
「F-LINEが描く物流戦略とは」
[講演者]F-LINE株式会社 代表取締役社長 深山 隆 氏

【NEW!!】2018年 ワークショップ

2018年のジャパントラックショーでは、以下のようなワークショップを各企業様の主催で行います。 聴講申込みは下のボタンよりおこなってください。

会場:展示ホール2Fハーバーラウンジ

※会場(AorB)は、当日現地でのご確認をお願いいたします。
5月10日(木)
11:00~12:00 「DPFメンテナンスに革命を!」=終了いたしました= 株式会社アルティア
13:00~14:00 「加熱式たばこがトラック業界に提案できる火災予防とにおいを取り巻く問題の解決サポート」=終了いたしました= フィリップモリスジャパン合同会社
14:00~15:00 「トラック専用カーナビの活用で新人ドライバーを即戦力に!」=終了いたしました= 株式会社ナビタイムジャパン
5月11日(金)
11:00~12:00 「DPFマフラーの高品質洗浄方法について」=終了いたしました= 日本油化工業株式会社
13:00~14:00 「DPFメンテナンスに革命を!」=終了いたしました= 株式会社アルティア
13:00~14:00 「予期せぬ路上故障を予防したい方必見! インジェクター洗浄」=終了いたしました= 株式会社アイ・アール・エス
14:00~15:00 「えっ?DPFマフラーを新品交換しているの? 10万台以上の実績を持つ洗浄サービスがイギリスから日本に上陸!」=終了いたしました= 株式会社リトラス・セラメックス
15:00~16:00 「あなたの知らない空気圧の世界―タイヤモニタリングシステム実演」=終了いたしました= LDLテクノロジー
展示会入場に関する規制

※下記事項をご注意のうえ、参観をお願いします。

  • ・展示品をメジャー等で計測することはご遠慮ください。
  • ・会場内において、出展企業への営業活動、出展社の許可の無いカメラ・ビデオ撮影はご遠慮ください。